--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015. 03. 16  
プラナ松戸治療室からのお知らせです。

1.新しいホームページができました。

 ブログ一体型の新ホームページが完成致しました。
 今後ブログはそちらを更新して参ります。

 ブックマーク等の変更を宜しくお願い致します。

 新ホームページ http://pranaworks-jp.com/


2.QHHTに関して

 QHHTは独立した新しいホームページを作成する予定でおります。
 QHHTホームページが完成するまでは、現状のまま旧ホームページと
 当ブログでセッションのお申し込みを受け付け致します。
 QHHTホームページができるまで、ごゆるりとお待ちください。

 それでは宜しくお願い致します。


 プラナ松戸治療室
スポンサーサイト
2015. 02. 23  
tired eyes

当治療室には様々な眼の病気の方が来院されます。

当治療室では東洋医学的な観点で治療を行っており、西洋医学的な治療で効果が芳しくなかったケースでも改善されることがあります。

今回は当治療室で行っている認知鍼灸療法の眼科疾患に対する考え方を簡単にご紹介いたします。


1.東洋医学の病気の成り立ち

東洋医学では全身にくまなく「気」というエネルギーが流れていると考えられています。

この「気」の流れる路を東洋医学では「経絡(けいらく)」といいます。

meridian


経絡の「気」は体の組織を栄養し、健康な状態に保っているのです。

経絡が滞ると、その部位の血液やリンパ液、神経、体表電位など様々な「流れ」が滞ります。

するとその滞っている部位や関連した組織に問題が生じてくるのです。

経絡が正常な場合には組織には弾力性があり、また適度な温かさを感じます。

しかし経絡が滞ると組織はブヨブヨと浮腫んだり、反対に硬く強張ります。

冷えたり熱を持ったりすることもあります。

自然界でも川の清流は水が綺麗ですが、川の流れが滞ってしまうと水が淀んでしまい、腐敗してドロドロした状態になります。

経絡も同じで、そのような状態になるとその組織は病的な状態へと変化していきます。


2.眼科疾患と「足少陽胆経」と「蝶形骨後頭骨底結合」

眼の健康に重要な経絡は「足少陽胆経(あししょうようたんけい)」です。

足少陽胆経の一部は、後頭部や側頭部を巡っています。

tan
図1.「足少陽胆経」
(『東洋医学のしくみ』、新星出版社、2009年、p125より転載)


この経絡が滞ると後頭部や側頭部に異状が現れます。

この部位は解剖学的には「蝶形骨」や「後頭骨」があり、眼にとってとても大切な部位です。

cyou
図2.蝶形骨(Wikipediaより転載)

sphenoid
図3.後頭骨(Wikipediaより転載)



ところで頭蓋骨は微かに動いています。

呼吸にしたがって膨らんだり萎んだりしているのです。

この動きに連動して「蝶形骨」と「後頭骨」も微かに動きます。

蝶形骨や後頭骨の結合部が接点になって、歯車のようにそれぞれ反対に回転するのです。


haguruma
図4.歯車の回転(KHKホームページより転載 http://www.khkgears.co.jp/gear_technology/basic_guide/KHK351_2.html)


junction
図5.蝶形骨後頭骨底結合の回転


足少陽胆経の異状によって周辺組織が硬化してこの回転が阻害されてしまうと、眼に向かう様々な「流れ」が停滞し多様な問題が出てしまうのです。


3.眼科疾患と蝶形骨

蝶形骨は眼にとってとても大切な骨です。

蝶形骨には上眼窩裂や視神経孔などの穴があり、この穴には眼球を動かす神経や目を栄養する動脈や静脈が通っています。

front
図6.蝶形骨(眼窩)の孔(Wikipediaより転載)


ですから蝶形骨に問題があった場合に、血液やリンパ液などの流れが悪くなることで、眼の免疫機能に異状が出たり、眼の修復機能に影響が出ることは容易に想像がつくでしょう。

そのため眼のアレルギー性疾患や細菌などの感染症に罹りやすくなり、春季カタル、アトピー性角結膜炎、結核性ぶどう膜炎などになると考えられるのです。

足少陽胆経の異状による周辺組織の硬化は、蝶形骨と後頭骨の回転を阻害します。

そして様々な「流れ」が滞ることにより眼の病気に繋がっていくと考えられるのです。


4.足少陽胆経の異状の原因

これまでの経験上、頭部に「外傷」を受けたケースが多い印象です。

球技中にボールで眼を強く打撲したり、高いところから落ちて頭を強く打っているケースなどがありました。

小児のケースでは、出産に時間がかかり、頭部にたいへんなストレスがかかっていたことが原因の場合もあります。

東洋医学では外傷によって血が停滞した状態を「お血(おけつ)」といいます。

お血が生じると当該部位の「気」の流れが悪くなり、様々な症状が表れます。

足少陽胆経にお血が生じると、蝶形骨と後頭骨の関連で眼に問題が出てくることが考えられるのです。


5.眼科疾患と全身の「冷え」

もちろん眼に関係する部位だけでなく全身状態も大切です。

日頃の不摂生や外傷、体質などから全身の「気」の流れが悪い場合は、体が「冷え」てしまい、アレルギーや細菌感染のリスクはさらに高まります。

全身の「冷え」をとりながら、さらに眼に関わる部位の「気」の流れを改善すると、新鮮な血液が眼に流れ込み、滞っていたリンパ液なども排出されて、修復機能が活発に働くようになるのです。


6.眼科疾患と東洋医学

頭部の経絡の調整やお血を除くこと、また全身の「冷え」を取るなどの東洋医学的なアプローチで、西洋医学では芳しい効果が得られなかったケースでも改善されることがあります。

黄斑変性症で手術を勧められていた方が手術を回避できたケースや、春季カタルなどのアレルギー性疾患が改善されたケースもあります。

眼のような感覚器官はとても複雑な構造をしています。

そしてそのような複雑な組織は、一度損傷を受けるとなかなか回復しない傾向があります。

だからこそ手術はリスクが高いわけです。

眼にメスを入れる前にぜひ東洋医学の治療をお勧めします。

緊急を要さない場合には、まず試されると良いでしょう。


認知鍼灸療法 プラナ松戸治療室
2015. 02. 19  
greenfield

松戸の心理カウンセリング鍼灸院 プラナ松戸治療室です。

この度セルフヒーリング講座として「医療気功セミナー」を開催します。


テーマは「自律神経」です。


自律神経は心拍や血圧、呼吸機能、消化器機能、腎機能、ブドウ糖の供給など多くの内臓の働きを支配しています。

また内分泌ホルモンや免疫力も自律神経に影響されるため、自律神経が乱れると様々な症状が体に表れます。

冷え、のぼせ、食欲不振、生理不順、生理痛、不妊症、疲れやすい、首コリ、肩コリ、腰痛、
イライラ、不安感など様々です。


自律神経の調整で重要な体の部位は「背骨」です。

自律神経は脳内の視床下部が支配していますが、視床下部からの指令は脊髄神経を通って各臓器に伝わります。

脊髄神経は背骨の中にあることから、背骨は自律神経の働きと深く関係しているのです。


この度の医療気功セミナーでは、背骨の周りにある東洋医学の督脈や足太陽膀胱経の「気」の流れを整えます。

そのことで自律神経を整え、あなたの不快な症状を癒します。


【改善が期待できる症状】

・体の冷え ・食欲不振 ・月経異常 ・生理痛 ・カゼを引きやすい 
・疲れやすい ・むくみ ・イライラ ・便秘 ・首こり ・肩こり ・腰痛など。

【日 時】 2015年3月22日(日)13:00~15:00

【場 所】 プラナ松戸治療室

【料 金】 3,000円

【服 装】 動きやすい服装

【締 切】 2015年3月19日(木)

【申し込み方法】 予約受付フォームよりお願い致します。
プロフィール

Author:稲森英彦 / 鍼灸師・(社)日本心理学会認定心理士 
心と体を統合的に癒す「認知鍼灸療法」を行っています。

鍼灸、心理カウンセリング、退行催眠セラピー、セルフヒーリング指導を通して、心身がより健康に向かうようにサポート致します。

あなたの人生がより健康で豊かなものでありますように。

心理カウンセリング鍼灸 プラナ松戸治療室

検索フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。