FC2ブログ
--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011. 03. 23  
IMG_0985.jpg

症例1.パニック障害 30代 女性

1か月前に電車が突然停止。閉じ込められる。
その後、電車に乗ると過呼吸、動悸、胸苦しさ、肩や首が緊張するといった症状が出る。

問診から職場で強度のストレスにあることが判明。
元来胃腸が弱く、自律神経が乱れやすい状態。

身体所見は、腹部の硬さ、首肩の緊張、全身の冷え。

第1診後の帰りの電車では、パニック症状が出なかった。
第2診の来院時の電車でも、パニック症状は出なかった。
第3診で治療終了。


症例2.パニック障害 女性 30代

例年になく大変仕事が忙しかった中、
10ヶ月前にひどいカゼを引き、嘔吐と下痢を繰り返す。

8ヶ月前に突然、過呼吸症状が出現。
電車の中や会社、自宅など、場所を問わず症状が出る。

心療内科を受診しパニック障害と診断され、抗不安薬等を処方される。

回復が今ひとつなことに不安になり、当治療室を来院。 

身体所見は、全身の冷え、腹部の硬さ(みぞおち)、首・肩・腰の筋緊張。
食欲不振、下痢、便秘を繰り返している。

第1~第9診で食欲が回復。体が温まり、発作は消失。


症例3.パニック障害 20代 女性

1か月前に職場で緊張する場面に遭遇、動悸が起こる。
その後、電車やバスの中でも動悸が再現され、吐き気や眩暈も加わる。

問診から3か月前に手術を経験し、かなり体調が悪い状態であることが判明。
引っ越し等も重なり、身体的な疲労も強かった。

第1診~4診で、全ての症状が消失。
治療終了。


症例4.パニック障害 40代 男性

5年前に地下鉄に乗車中、電車が停止し閉じ込められる。
3分間ほどの時間であったが、冷や汗、動悸、震えが止まらなくなる。

その後、電車に乗るとパニック症状が出現するようになる。

心療内科を受診、パニック障害と診断される。
安定剤や漢方薬の処方を受ける。

その後、耳鳴り、食欲不振、早期覚醒、全身の冷え感などが出現。
当治療室に来院。

第1診~4診で主だった症状が消失。
治療終了。

contact.jpg


プラナ松戸治療室
スポンサーサイト
NEXT Entry
地震酔いと鍼治療
NEW Topics
プラナ松戸治療室からのお知らせ(ブログの引っ越しなど)
眼科疾患(黄斑変性症、春季カタル、アトピー性角結膜炎、結核性ぶどう膜炎など)の認知鍼灸療法
医療気功セミナー ~自律神経を整える~ 日時:2015年3月22日(日) 場所:千葉県松戸市(新京成線八柱駅/JR武蔵野線新八柱駅) 
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

稲森英彦 / 鍼灸師・(社)日本心理学会認定心理士 

Author:稲森英彦 / 鍼灸師・(社)日本心理学会認定心理士 
心と体を統合的に癒す「認知鍼灸療法」を行っています。

鍼灸、心理カウンセリング、退行催眠セラピー、セルフヒーリング指導を通して、心身がより健康に向かうようにサポート致します。

あなたの人生がより健康で豊かなものでありますように。

心理カウンセリング鍼灸 プラナ松戸治療室

検索フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。