FC2ブログ
--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012. 09. 24  
「涙」には癒しの効果があります。

嬉しいときにも涙を流しますが、
悲しいときに流す涙には、ACTHというホルモンが多く含まれています。

ACTHは副腎に働きかけ、コルチゾールなどのホルモンの分泌を促します。
コルチゾールはストレスホルモンの一つで、血圧や血糖を上げます。

困ったことに、このホルモンの分泌量が多いと脳の海馬を委縮させてしまいます。

海馬は短期記憶を司る脳の一部です。

近年PTSD(外傷後ストレス障害)の方の多くに海馬の委縮が認められていますが、
それがPTSDの恐怖体験記憶のフラッシュバックに関係しているようです。

この海馬の委縮に、コルチゾールが関わっているのです。

そして涙は、コルチゾールの分泌を促すACTHを体外へ排出させる働きがあります。

患者さんにお話を伺っている時や鍼治療中に涙を流す方がおられますが、
それは体の機能が回復し、ストレスを解消しようとしている証です。

涙を流した後は、皆さんスッキリとしたお顔をされています。

「流れない涙」は、後々まで体に残ります。
悲しい時は泣けばいいのです。

ただ素直に。


プラナ松戸治療室
スポンサーサイト
NEXT Entry
COPD(慢性閉塞性肺疾患)のプラナ鍼灸療法 | 心理カウンセリング鍼灸 プラナ松戸治療室
NEW Topics
プラナ松戸治療室からのお知らせ(ブログの引っ越しなど)
眼科疾患(黄斑変性症、春季カタル、アトピー性角結膜炎、結核性ぶどう膜炎など)の認知鍼灸療法
医療気功セミナー ~自律神経を整える~ 日時:2015年3月22日(日) 場所:千葉県松戸市(新京成線八柱駅/JR武蔵野線新八柱駅) 
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

稲森英彦 / 鍼灸師・(社)日本心理学会認定心理士 

Author:稲森英彦 / 鍼灸師・(社)日本心理学会認定心理士 
心と体を統合的に癒す「認知鍼灸療法」を行っています。

鍼灸、心理カウンセリング、退行催眠セラピー、セルフヒーリング指導を通して、心身がより健康に向かうようにサポート致します。

あなたの人生がより健康で豊かなものでありますように。

心理カウンセリング鍼灸 プラナ松戸治療室

検索フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。