FC2ブログ
--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013. 01. 31  
monosashi[1]

私たちが抱く多くの精神的な苦しみは、自身が持つ価値観や信念から生じます。

私たちの日常には、さまざまな出来事が起こります。
そしてそれらの出来事に、私たちは一喜一憂しています。

しかしそれらの出来事自体に、実は意味はありません。
起こる出来事自体は無色透明なのです。

私たち自身がそれらの出来事に意味付けし、一喜一憂しているのです。
他人が同じ立場に立ったら、まったく異なる意味付けをする可能性があります。

出来事に私たちが意味付けするには、私たちが持っている価値観や信念が必要です。

例えば仕事で失敗したとき、
「私はダメな人間だ」とか「私は終わりだ」などと思ったとします。

そこには「仕事がうまくいかない人はダメな人間である」
「失敗したら全てが終わりだ」といった価値観や信念があります。

そのような価値観や信念で無色透明な事象に苦しみの色付けをし、
苦しんでいるのです。

もしも仕事で失敗したとき、「このような事をすると仕事がうまくいかなくなる」
という経験が積めたと、肯定的な意味付けができたなら、
精神的な苦しみはほとんど起こりません。

冷静に打開策を検討することができるのです。

このような価値観や信念は、幼少期からの躾や教育によって私たちに刷り込まれています。
ですからほとんど無意識に、日常で生じる出来事に意味づけをしてしまうのです。

私たちを苦しめるこのような価値観や信念を変える方法がひとつあります。

それは無意識に行っている意味づけに気がつくことです。
無意識が意識化されたとき、価値観や信念を変えることができます。

今のあなたの苦しみは、どのような価値観や信念によって生じていますか?


認知鍼灸療法 プラナ松戸治療室
スポンサーサイト
NEXT Entry
うつ病の認知鍼灸療法 | 心理カウンセリング鍼灸 プラナ松戸治療室
NEW Topics
プラナ松戸治療室からのお知らせ(ブログの引っ越しなど)
眼科疾患(黄斑変性症、春季カタル、アトピー性角結膜炎、結核性ぶどう膜炎など)の認知鍼灸療法
医療気功セミナー ~自律神経を整える~ 日時:2015年3月22日(日) 場所:千葉県松戸市(新京成線八柱駅/JR武蔵野線新八柱駅) 
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

稲森英彦 / 鍼灸師・(社)日本心理学会認定心理士 

Author:稲森英彦 / 鍼灸師・(社)日本心理学会認定心理士 
心と体を統合的に癒す「認知鍼灸療法」を行っています。

鍼灸、心理カウンセリング、退行催眠セラピー、セルフヒーリング指導を通して、心身がより健康に向かうようにサポート致します。

あなたの人生がより健康で豊かなものでありますように。

心理カウンセリング鍼灸 プラナ松戸治療室

検索フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。