FC2ブログ
--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009. 11. 21  


最近ギックリ腰で来院される方が増えています。

体を診てみると、どうも共通項があるようです。

みなさん胃腸に負担がかかっていて、

その反応が背中の筋肉に出ています。


丁度、胃の裏辺りの背中の筋肉を触診すると、

表面が浮腫んでいて、深部は強く緊張しています。

お腹を触診すると、胃腸の動きが悪く、

また腹圧が低くなっています。


このような状態では、腰椎にも負担がかかり、

ちょっとしたきっかけで腰部捻挫が起こります。

また筋肉にも問題が起こりやすいのです。


夏に冷えた飲食が過ぎると、このような状態になります。

ギックリ腰というと急性の病と考えがちですが、

実は夏頃から、ちゃくちゃくとその素地を作ってきたのです。


ですから治療は腰のみではなく、

胃腸を整えることがポイントになります。

当然、冷えた飲食は控え、温かいものを頂きます。


どうも最近、腰や背中が張るなぁ~、と思われる方は、

ぜひ一度お近くの鍼灸院で、胃腸も含め、整えてみては如何でしょうか。

きっと体調が良くなりますよ!


【腰だけでなく胃腸など、全身を整えてくれる「積聚治療」鍼灸院ガイド】

 http://www.shakuju.com/guide/link.cgi


 プラナ松戸治療室 http://prana502.hp.infoseek.co.jp/

スポンサーサイト
NEXT Entry
女性のための東洋医学  -女性と冷えの関係- | 心理カウンセリング鍼灸 プラナ松戸治療室
NEW Topics
プラナ松戸治療室からのお知らせ(ブログの引っ越しなど)
眼科疾患(黄斑変性症、春季カタル、アトピー性角結膜炎、結核性ぶどう膜炎など)の認知鍼灸療法
医療気功セミナー ~自律神経を整える~ 日時:2015年3月22日(日) 場所:千葉県松戸市(新京成線八柱駅/JR武蔵野線新八柱駅) 
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

稲森英彦 / 鍼灸師・(社)日本心理学会認定心理士 

Author:稲森英彦 / 鍼灸師・(社)日本心理学会認定心理士 
心と体を統合的に癒す「認知鍼灸療法」を行っています。

鍼灸、心理カウンセリング、退行催眠セラピー、セルフヒーリング指導を通して、心身がより健康に向かうようにサポート致します。

あなたの人生がより健康で豊かなものでありますように。

心理カウンセリング鍼灸 プラナ松戸治療室

検索フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。