FC2ブログ
--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014. 04. 09  
friends

1. パートナーシップとは

パートナーシップとは、2名以上の人々の協力関係、共同関係をいいます。

私たちを取り巻く社会、家族、友人、恋人、親戚、職場などの人間関係は、
すべてパートナーシップがかかわっています。

適切なパートナーシップが築かれると、そこにはお互いを尊敬し合い、
助け合うような人間関係が生まれます。

和やかで温かい、和気あいあいとした協力関係です。

一方、適切なパートナーシップが築かれなかった場合、
支配するものとされるものという、パワー・ストラグル(権力闘争)が生じやすくなります。

争いの耐えない、殺伐とした冷たい関係です。

「無関心」という場合も協力関係が築けません。

無関心の深層心理は、人と関わらないことで自分が傷つかないようにしているのです。
放任主義などがこれにあたります。

パートナーシップの問題で、当治療室でとりわけ目立つのは夫婦間の問題。

夫が支配的で妻がそれに従い、
妻が心身ともに疲労して病気になってしまうケースです。

また最近では職場の人間関係に馴染めずに、
うつ病やパニック障害などを病むケースも増えています。

そして親が子供を支配するケース。
一時期「毒親」という言葉がはやりました。

親が子供を支配して、子供の人生を狂わしてしまうケースです。

親が子供を支配するやり方は多様で、
過保護、放任主義、残酷な言葉で傷つける、
直接的な暴力、性暴力などです。

このように育てられた子供は、共通して愛情不足になります。

そして親の愛情を渇望している子供は、親の言いなりになったり、
自己献身的な行動を取るようになります。

このような子供は成長しても
学校や職場でうまく人間関係を作れません。

それは親との関係を別の人たちにも投影してしまい、
依存的な関係を作ってしまうからです。

ですからパートナーシップ、人間関係をうまく作れない場合、
自分自身がどのように振るまっているかを知る必要があります。

自分を知ることによって、人間関係を改善させる糸口になるのです。


「私」を知る ーパートナーシップの根幹「自我」ーにつづく。

※ プラナ松戸治療室では「パートナーシップ心理学講座」を開催しています。

【講座内容】
● パートナーシップとは
● パートナーシップにかかわる各種問題
● 「私」を知る ―パートナーシップの根幹「自我」について―
● 3つの自我状態を知る ―親・大人・子供の自我状態―
● 人間関係を壊すコミュニケーションパターン
● 親の愛情と性格形成
● 何故人生で同じ問題を繰り返すのか?① ―無意識の行為を知る―
● 何故人生で同じ問題を繰り返すのか?② ―無意識の人生の脚本を知る―

●実習:
・あなたの自我状態を知る ―エゴグラムの作成―
・あなたのコミュニケーションパターンを知る
・あなたの無意識の行為・行動を知る
・あなたの無意識の人生の脚本を知る、ほか。
スポンサーサイト
NEXT Entry
人間関係がうまくいかない理由【パートナーシップ心理学講座②】
NEW Topics
プラナ松戸治療室からのお知らせ(ブログの引っ越しなど)
眼科疾患(黄斑変性症、春季カタル、アトピー性角結膜炎、結核性ぶどう膜炎など)の認知鍼灸療法
医療気功セミナー ~自律神経を整える~ 日時:2015年3月22日(日) 場所:千葉県松戸市(新京成線八柱駅/JR武蔵野線新八柱駅) 
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

稲森英彦 / 鍼灸師・(社)日本心理学会認定心理士 

Author:稲森英彦 / 鍼灸師・(社)日本心理学会認定心理士 
心と体を統合的に癒す「認知鍼灸療法」を行っています。

鍼灸、心理カウンセリング、退行催眠セラピー、セルフヒーリング指導を通して、心身がより健康に向かうようにサポート致します。

あなたの人生がより健康で豊かなものでありますように。

心理カウンセリング鍼灸 プラナ松戸治療室

検索フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。